Facebook Twitter
semqx.com

薬物リハビリ プログラム: 多様性と有効性

投稿日: 1月 22, 2024、投稿者: Nicholas Juarez

米国全体で利用できる多数の薬物リハビリまたは薬物プログラムがあります。 彼らは、薬物のリハビリ、薬、依存症治療施設、自立型中毒治療、デトックス、および他の多くの名前と呼ばれています。 私は時間をかけてあなたの違いを説明する必要がありました。 | - |

多くの場合、医療やアルコール治療施設の選択は、医療および精神医学的ケア、このプログラムの包括性、プログラムとスタッフの免許、家族プログラム、再発防止プログラム、アフターケアプログラムなど、いくつかの要因にかかっています。 さらに、薬やアルコールリハビリ施設を購入する人の能力は言うまでもなく、 | - |

以下にリストされているのは、自分で遭遇する可能性のある多くの形式のプログラムのリストです。 #+#薬物リハビリ(自立施設)それは、治療薬中毒またはアルコール依存症に焦点を当てた独立した施設です。 それはすべての病院の一部ではありません。 # - #| - |

#+#麻薬中毒(自立施設)上記と同じ# - #| - |

#+#アルコール依存症治療(自立施設)上記と同じ# - #| - |

#+#麻薬リハビリ(病院ベース)これは、通常、総合病院内の排他的な翼にあるプログラムです。 複雑な医学的または精神医学的問題を展開している中毒者またはアルコール依存症は、病院の範囲内で解毒する方が良いかもしれません。 中毒の専門家または医師があなたのためにその決定を個人的に作成することを許可します。 # - #| - |

#+#中毒治療(病院ベース)上記と同じ# - #| - |

#+#アルコール依存症(病院ベース)上記と同じ# - #| - |

#+#デトックスプログラム(病院ベースまたは自立)は、薬物中毒またはアルコール依存症に関連する離脱症状を支援するために医学的に監視されている場合、実際にはある程度の注意です。 人の医療ニーズが高いほど、病院ベースのデトックスへの依存の可能性が高くなります。 # - #| - |

#+#長期住宅中毒治療プログラムは通常、自立施設であり、典型的な1か月中毒の治療法と比較して、回復が必要な中毒者またはアルコール依存症のために作成されます。 # - #| - |

ご覧のとおり、薬物リハビリのために設計されたさまざまな形態のセンターがあります。 アルコールと薬物のリハビリ施設を探している場合、成功率の約束や、確かに他の人よりも費用がかからないことにだまされないようにしてください。 独自のニーズと、ドラッグリハビリが提供するサービスをどこに行くことができるかを選択してください。 | - |